Perfect Couple

結婚式の案内やお知らせを送る今風の方法3選

招待状を作って郵送する

結婚式のお知らせや案内は以前は招待状を書いてそれを郵送するケースが多くありました。それは今でも主流として残っています。やはり昔から行われていた方法なので、安心感があるというか、それを今でも採り続ける人は多いです。招待状のデザインなどにも凝ってみたりして、受け取った人が感激するようなものを2人で考えるというのも楽しい瞬間でもあるのでしょう。結婚式の案内やお知らせは招待状を作って送るのが、今でも定番として根付いているのです。

メールで送信していく

これは最近多いです。結婚式の式よりはその二次会のお知らせなどはメールが特に活用されていますが、結婚式や披露宴のお知らせもメールを使うケースが増えてきています。メールは、当然招待状を作って出すよりも簡易的です。招待状に返事を書く側にとっても、メールで打って送信する方が楽ですから、どちらにとっても負担がかからない良い方法になります。そういったメリットがメールにはあるため、こういった方法も今は浸透しつつあります。

SNSを使ってお知らせをする

SNSはここ10年くらいで若者からある程度の年齢の方まで一気に浸透した感がありますよね。そういったSNSはある特定のグループを作ったりして、そこで情報を共有するときには本当に便利なので、結婚式のお知らせや詳細について参加者間で共有するときには結構便利なんです。だからこそ、こういったツールを使うということも行なわれつつあります。ただ、年配の方はSNSは慣れていないでしょうから、あまり適さない可能性がありますから、そこは考慮しないといけませんが、使い方によっては本当に便利に機能してくれるでしょう。

太田での結婚式場で挙式を希望しているなら最適です。豪華な披露宴から、アットホームなウェディングまで、幅広いプランをご用意しています。

心に残る素敵なプロポーズのシチュエーション

二人の思い出の場所でプロポーズ!!

一生に一度のプロポーズ。心に残る思い出のものにしたいですよね。プロポーズのシチュエーションはとても悩む方が多いのではないでしょうか。そんな方には、二人だけの思い出の場所でのプロポーズがとても素敵です。「初めて付き合った場所」「初めてのデートの場所」「付き合って一年目のお祝いできたレストラン」などそれぞれのカップルの思い出の場所があると思います。そんな素敵な場所でプロポーズをされたら一生の思い出がまた増えますね。

きれいな景色の中でプロポーズ

「プロポーズは人とちょっと違うことがしたい」という方も多いのではないでしょうか。そんな方には、きれいな景色の中で印象に残るプロポーズがおすすめです。きれいな夜景が見える中や砂浜に花びらで大きなハートを作ってプロポーズ。初雪の降る中でのプロポーズや飛行機で青空にポロポーズのメッセージを書くのもとても素敵です。きれいな景色の中で言われた最高のプロポーズはその時一緒に見た景色と一緒に心に響くこと間違いなしですよ。

王道だけどやっぱり素敵なプロポーズ

女性の多くが望むプロポーズは、ドラマや漫画の世界で見る王道のプロポーズですよね。夜景、高級レストラン、テーマパークのお城の前などお姫様気分を味わえるシチュエーションでのプロポーズにはときめきますよね。プロポーズの時に、ひざまずいてバラの花束を出してくれたり、デザートと一緒に指輪を出してくれたら、女性のテンションは一気にあがります。王道のプロポーズは恥ずかしさもありますが、女性なら誰でも一度は夢見ているものですよ。

プロポーズとは結婚して欲しい相手に、結婚を申し込むことで、どのくらいあなたのことが好きなのかなどをしっかりと言う必要があります。

ゲストを楽しませるウェルカムボードを手作りしたい!

写真をたくさん使って、ゲストを楽しませよう

ゲストが新郎新婦を待っている間、楽しませてくれるのがウェルカムボードです。せっかくだから、自分たちで手作りするのはいかがでしょうか。新郎新婦2人の写真だけでなく、ゲストとの思い出の写真をボードに貼るだけで、立派なウェルカムボードの完成です。ゲストは自然と新郎新婦との思い出話になり、会話が弾むでしょう。造花やレースで飾り付けると、一気に華やかになります。昔のことが思い出され、楽しくウェルカムボードを作ることができます。

ゲストにメッセージを貼ってもらう

ウェルカムボードに余白を残し、その部分にゲストからメッセージを書いてもらう参加型のボードにすると、結婚式が終わったあとに、完成されたものを見るのが楽しみになります。結婚式当日は、ゲストと話す時間が少なかったりするので、ゲストも当日の素直な気持ちを新郎新婦に伝えることができます。カラフルなペンを用意しておくと、出来上がりが華やかになります。みんなから寄せ書きされたウェルカムボードは、結婚式の大切な思い出のひとつになります。

立体感のあるもので、ゲストの注目をあびる

ウェルカムボードといえば、平面なものが多くあります。立体的に作ることで個性を演出でき、ゲストを驚かせることができます。トランクを使ったり、木の枝や造花を使ったり、立体的にすることで、様々なアイディアをちりばめることができます。また、平面のものに比べると、立体的なものの方が華やかに仕上がります。イスをつかうのも、簡単でオシャレに見えるのでお勧めです。イスの上にブーケや新郎新婦の思い出の品をディスプレイするといいでしょう。

東山での結婚式をする目的は普段とは違った雰囲気を体感するためで、式場の特徴や式のスタイルを考えて今後の段取りを決めると効果的です。

ページ:1234567