Perfect Couple

ゲストを楽しませるウェルカムボードを手作りしたい!

写真をたくさん使って、ゲストを楽しませよう

ゲストが新郎新婦を待っている間、楽しませてくれるのがウェルカムボードです。せっかくだから、自分たちで手作りするのはいかがでしょうか。新郎新婦2人の写真だけでなく、ゲストとの思い出の写真をボードに貼るだけで、立派なウェルカムボードの完成です。ゲストは自然と新郎新婦との思い出話になり、会話が弾むでしょう。造花やレースで飾り付けると、一気に華やかになります。昔のことが思い出され、楽しくウェルカムボードを作ることができます。

ゲストにメッセージを貼ってもらう

ウェルカムボードに余白を残し、その部分にゲストからメッセージを書いてもらう参加型のボードにすると、結婚式が終わったあとに、完成されたものを見るのが楽しみになります。結婚式当日は、ゲストと話す時間が少なかったりするので、ゲストも当日の素直な気持ちを新郎新婦に伝えることができます。カラフルなペンを用意しておくと、出来上がりが華やかになります。みんなから寄せ書きされたウェルカムボードは、結婚式の大切な思い出のひとつになります。

立体感のあるもので、ゲストの注目をあびる

ウェルカムボードといえば、平面なものが多くあります。立体的に作ることで個性を演出でき、ゲストを驚かせることができます。トランクを使ったり、木の枝や造花を使ったり、立体的にすることで、様々なアイディアをちりばめることができます。また、平面のものに比べると、立体的なものの方が華やかに仕上がります。イスをつかうのも、簡単でオシャレに見えるのでお勧めです。イスの上にブーケや新郎新婦の思い出の品をディスプレイするといいでしょう。

東山での結婚式をする目的は普段とは違った雰囲気を体感するためで、式場の特徴や式のスタイルを考えて今後の段取りを決めると効果的です。

披露宴会場のコーディネートのポイントとは!?

お色直しの衣装から、コーディネートカラーを選ぼう

お色直しの衣装が決まっていない段階では、披露宴会場のコーディネートカラーは選べません。お色直しの衣装が映えるように配色を考えた方がいいので、早めに衣装を決めるようにすると、その後の打ち合わせがスムーズに進みます。新婦が持つブーケとの相性も大事になるので、このようなブーケがいいという希望があれば、コーディネーターの方に早めに伝えると良いでしょう。新郎新婦が会場のコーディネートを見るのは、おそらく本番当日になると思います。イメージと違ったということがないように、打ち合わせの際に写真などを持っていくと、イメージが伝えやすいでしょう。

ペーパーアイテムや引き出物袋の色も計算にいれる

座席に置いてあるメニューや席札はテーブルコーディネートを決める前に、先に決めてしまう場合があります。ペーパーアイテムだけが浮かないよう、全体の統一感を意識しましょう。忘れがちなのが、引き出物袋の色です。ゲストが座る前、引き出物袋は椅子の上に置かれており、会場に入るとすぐ目に入ります。引き出物袋の色が悪目立ちしないような配慮が必要です。袋は会場から購入する場合が多く、袋の種類は1種類だけという場合がほとんどなので、注意が必要です。

季節感を出すと、ゲストの記憶に残りやすい

結婚式を行う季節感をテーブルコーディネートに活かすと、ありきたりな披露宴会場から差をつけられます。お花だけでなく、クロスとナフキンの配色だけで季節感を出すこともできます。春ならパステルカラー、秋ならワインレッドといったものが代表的です。他にも、冬なら綿、夏なら貝殻といったアイテムを使うのもお勧めです。写真を撮る際に使用できるような小物があると、華やかな写真に仕上がります。ゲスト同士でも写真を撮るので、その時に使用できるものがあると、ゲストにも喜んでもらえます。

代官山の結婚式場は、ブライダルエステやウェディングドレスの選定をしてくれたり、コンサルティングの人が丁寧に対応してくれたりする式場がたくさんあります。

単身赴任が決まったら!迅速な対応と快適な生活を心がけて!

単身赴任が決定したら

仕事をしていると、単身赴任をしばしば経験することがあります。もしも単身赴任が決まったならば、早めに引越の手配を行いましょう。家族全員が転居するよりも荷物が少ないので、梱包や運搬を短時間で済ませることができるというメリットがあります。また、運送会社の中には、単身赴任用のパックを用意しているところが見受けられますから、積極的に活用しましょう。便利な梱包材を用意している運送会社もありますので、とても重宝されています。

転居するまでの準備について

単身赴任をすることが決まったならば、さまざまな手続きを早めに済ませましょう。運送会社に依頼する時は、早めに連絡を入れるべきです。なぜなら、三月の繁忙期はとても混雑しますので、なかなか予約を取れないケースがあるからです。単身赴任用のパックが販売されているならば、梱包材を取り寄せてもらいましょう。また、郵便局への異動届や、銀行などへの住所変更届を提出しなければいけません。忘れることがないように、メモを作って、こまめに確認しましょう。

暮らしを整えるために

単身赴任を始める前に、あらゆる情報を収集することをおすすめします。まず、家具を新たに購入しなくても、レンタルすることも可能です。レンタルならば、単身赴任が終了したあとに、返却すれば良いので保管に悩む必要がありません。家電のレンタルもできますから、とても便利です。さらに、コインランドリーやコンビニなどをチェックしておけば、日々の家事がスムーズに行われますので、周辺環境は念入りに確認した方がいいですね。

単身赴任の家具はレンタルのサービスを利用すれば一式を安く揃えることが出来るので非常に便利だといえます。