Perfect Couple

一生に一度のお買いもの!結婚指輪どう選ぶ?

ひとりで?ふたりで?

結婚指輪、ふたりの永遠の愛を誓う大切な証ですよね!一生身に着けるものだから選ぶのも慎重になります。材質やデザインにもこだわりますよね。ふたりでカタログやネットを見てある程度の目星をつけて、お店に行って試着してみるのがオススメです。大切な指輪を選ぶわけですから、もし奥様の好みに合わせることになったとしても、旦那さんも積極的になってもらいたいですよね!君の好きにしていいよってのはNGです。言葉を選ぶのも慎重になりましょう。

なににこだわりますか?

これから一生、毎日身に着けるものですから材質も大事です。金属アレルギーの方でも着けられる素材のものもあります。色はなにがいい?太さは?デザインは?男性ならお仕事もありますし、女性も家事や水仕事の邪魔にならないようなシンプルなものが好まれるでしょう。だけど、あまりにシンプルでも飽きてしまうかもしれません。ふたりの好みや生活スタイルに合ったものに巡りあうためにも、細かいところまでよく見て決めたいものです。

給料の何か月分必要なの?

指輪とは決して安いものではありません。小さなものでもダイヤモンドをつけたり、ブランド物の指輪を選べばもちろん値段は上がっていきます!結婚式や新居への引っ越しなど、なにかと物入りになりますから経費はできるだけ抑えたいけど、一生モノだからこそ妥協はしたくありませんね。そこで手作りをするというアイデアもあります!アクセサリー屋さんへ行き指導を受けながら作ったり、器用な方ならキットを購入してお家で作ったり、手作りなら思い入れも増します!一生に一度のお買い物。あなたならどうしますか?

結婚指輪は、古代ローマ時代のローマ教皇が、約束事を誓約する鉄の輪を結婚の誓いとして始めたという説があります。日本では、約60年前から習慣となっています。

こんなのもあり!?結婚式での演出アイデア

既成のかたちにとらわれない!

かつて、お色直し後の再入場では、キャンドルサービスを行うのが一般的でしたが、これに代わるさまざまな演出もありますよ。例えば、アーモンドは実がたくさんなることから、子孫繁栄の象徴とされていますよね。このアーモンドを砂糖衣でコーティングした「ドラジェ」を配って回るのが「ドラジェサービス」です。フランスで生まれた習慣ですが、現在では世界中で行われていますよ。各招待客へのお礼の手紙や、二人の似顔絵などを配るのもユニークですね。

列席者とふれ合えるような演出!

新郎新婦が列席者とふれ合えるような演出もおススメです。新郎新婦の席を雛檀にせず、ゲスト席と同じ高さにつくるとアットホームな雰囲気になりますよ。あるいは、それぞれのゲストテーブルに、新郎新婦の座れるイスを用意しておいてもよいでしょう。新郎新婦は各テーブルを回りながら招待客と歓談しますが、このときポラロイドカメラで写真を撮って回ると、よい思い出になりますよ。閉演後のお見送りのときに、できた写真を手渡すと喜ばれますよね。

料理にも演出を取り入れよう!

料理も結婚式では大切な演出の一つですが、最もポピュラーな演出は、ウエディングケーキを生ケーキにすることですよね。デザートとして列席者に味わってもらえますよ。何種類ものデザートをそろえ、ビュッフェ形式で好きなものを取ってもらうデザートのワゴンサービスも、甘い物好きの女性に好評ですね。また、式場によっては、既存の献立を二人の希望によってアレンジしてくれますよ。二人の思い出の一品などを加えてメニューに刷り込み、司会者に紹介してもらえば、結婚式も盛り上がるでしょう。

神戸北野での結婚式場はとても街並みもよく、普段の暮らしから現実逃避出来るようなシチュエーションが実現出来ます。

家庭で発電も給湯も!家庭用燃料電池を使ったエネファーム

家庭用燃料電池を使ったエネファーム

給湯器を設置する際に、家庭用燃料電池を使ったシステムである、いわゆるエネファームを導入するケースが、急速に増えてきています。燃料電池というのは、水の電気分解の原理を逆方向に使ったもので、水素を燃料にして、電気をつくり出すという仕組みになっています。この燃料電池を家庭用に応用したエネファームは、都市ガス、LPガス、灯油などといったものから水素を取り出し、それを燃料にして、空気中の酸素と化学反応させることによって発電を行います。そして、その発電時の排熱を利用して、給湯なども行うという、新世代の発電、給湯器です。

発電と同時に効率的に給湯

家庭用燃料電池、エネファームは、燃料となる水素自体が持っているエネルギーを、直接電気へと変換することになるため、従来の発電機とくらべて、はるかに発電効率が高くなっています。その上、発電の際の排熱も再利用して、給湯などに用いているため、総合的なエネルギー効率も、より高められることになります。また、発電や給湯などのために燃焼を行うことがないため、二酸化炭素などもほとんど発生させません。発電時に排出するのは、ほとんど水だけで、その水も、燃料の変換時に必要な水蒸気へと利用されるため、無駄がほとんどありません。

いよいよ家庭での使用が現実的に

エネファームの給湯器としての能力は、現在、24号から27号となっていますが、ガスを使用するというメリットをいかして、補助的な燃焼式の熱源も備えているため、万一タンク内の湯がなくなったとしても、湯切れの心配はありません。また、発電や給湯に際しても、従来のようなエンジンやタービンなどが不要であるため、騒音や振動もほとんどありません。こうした多くのメリットを持つエネファームですが、今のところはまだ、イニシャルコストが、ほかの給湯器にくらべると、突出して高くなっています。ただ、補助金などの支援制度もようやく整いつつあり、いよいよ家庭用としての使用が現実的になりつつあり、期待が持てる新生代の、発電、給湯器であると言っていいでしょう。

給湯器の相模原における取扱業者では、様々なメーカーの給湯器を販売しているだけでなく、取り付け工事も行っています。

ページ:1234567